京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年01月12日

歯根が痛んで膿汁が出

歯の痛みに悩まされている場合には漢方薬で対処するという方法があります。虫歯や歯周病などの歯の痛みは歯科医院でしっかり治療しなければ治りませんが、 応急処置として、あるいは治療後の痛みを和らげる方法として漢方薬は非常に役立ちます。『スケーラー

現在、ちょっとした漢方薬のブームともいえる状況、幅広い層から関心が高まっています。西洋医学の薬に比べて副作用が少なく、 安全性に優れているというイメージがあるため、ためらいがなく利用することができるのがその要因となっています。『マイクロモーター

そんな歯の痛みに効果のある漢方薬にはいくつかの種類があります。 漢方の分野では歯の痛みにも原因や症状によってさまざまな名称がつけられており、それに適した漢方薬が処方されます。 たとえば「虫触痛」。食後に歯磨きをしっかり行わずに虫が歯根の穴を食べてしまう症状とされています。 これには「玉池散」「一笑散」「椒塩散」などが使用されます。『小型エアーコンプレッサー

それから「血痛」。針で刺すような痛みが走る症状で、「犀角地黄湯」や「加減甘露飲」などが利用されます。 歯がだんだん揺らぐ症状は「風冷痛」といい、「温風散」や「開笑散」が、歯根が痛んで膿汁が出る「風熱痛」には「犀角升麻湯」が処方されます。『口腔内カメラ

ほかにも「毒痰痛」には「二陳湯」や「細辛」、「寒痛」には「細辛散」「香椒散」「当帰竜胆散」などといった漢方薬が処方されます。こういった漢方を活用することで歯の痛みを和らげることができます。歯の痛みに悩まされている場合は活用してみてはいかがでしょうか。 『オートクレーブ



Posted by jerry_fish  at 18:15 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
jerry_fish